FGOキャメロット前編を観てきたよ

こんにちは。ウィケです。
劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram観てきましたのでかるい感想✍

ネタバレありあり

「Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-」公式サイト

やたら席が空いてた

もともと初日に観に行く気はなかったのですが、近場の映画館を調べてみたら舞台挨拶の中継が付いた上映回がありまして、なんと前日の夜中なのに席が2割くらいしか埋まっていない!

コロナが流行ってるから自粛してるのかとも思ったのですが、その映画館があまりオタクに優しくないこともあり、みんな上映してるのを知らないのでは?という結論に至りました😏

入場時いろいろもらいました。リヨ絵のシールかわいい

駆け足な本編💨

ゲーム的にキャメロットクリアはしているのですが、なにぶん昔のことなのでだいたい何があったかしか覚えていない状態でした。

さらに映画はいつものカルデア側ではなく、ベディヴィエール視点で進むので、そういう意味でも新鮮な気持ちで観られました。

キャメロットは獅子王⇔太陽王⇔山の民と勢力間の移動があるので、それだけで結構長いです。難民とともに砂漠を徒歩で移動するつらさとかはゲームでは分からなかった味わいがありました。

宝具のバーゲンセールや

獅子王と敵対してからは円卓の騎士との戦闘がバンバンあるので、宝具撃ちまくりでした。ベディもキツイって言ってんのに何発スイッチオンアガートラムするねん!ってくらい撃ちまくります。

敵が1人2人とかなら、宝具は最後まで取っておけますが(演出的にも)、なんせ円卓は人数が多い。
登場して、ベディになぜお前がここに?!て言ってからの宝具ぶっぱは毎回淡々とした流れでした。実際そうなんだから仕方ないですけど😂

アーラシュかっこよ

アーラシュが最初から最後までまごうことなきイケメン。前編のMVPは間違いなくアーラシュでしょう!
アーラシュとベディヴィエールの絡みがいい味出してました😋

ベディとマスターのお兄ちゃんのような立ち回りから、ラストのステラまで、すべて持っていかれました。宝具演出はたくさんあったけど、ステラがいちばん格好良かったです。

退場したことも含めて、ナンバーワンですな。

カワイイ大賞はニトクリス

エジプトチームは出番少しだけでしたが、ニトクリスにカワイイが詰め込まれていてアゲでした。出てきた瞬間からもうカワイイ。あと良い人。

マシュとニトクリスの絡み、ゲームであったかは覚えてないんですけど、めっちゃかわいくてニヤニヤニヤ……てしてました。マスクに感謝😷
一緒にお風呂入ってるのかわいすぎたし、その辺りやたら絵がキレイな気がしましたw

オジマンディアスは声がでかい。

全体の感想

映画全体としてはわりとサッパリしてる印象で、うおおお!となったところはなかったです。
会話シーンとかはいいなと思いましたが、とくに戦闘の臨場感があまりないように感じました。

というのも、数ヶ月前にヘブンズフィール3章を観てるのがデカくて、そこと比べちゃうと映像とか演出そして思い入れがやっぱ違うので、感動~!とまでは行かなかった感じです。

映画や作品としての重みが違いすぎるので、そこ比べるところではないんですけどね😂向こうは15年分の想いが詰まってますから。

ただもちろんFGOファンなら間違いなく楽しいです。
ベディ、アーラシュ、ダヴィンチちゃん、三蔵ちゃん、オジマン、ニトクリス、チームハサン、チーム円卓が動き回ってるだけでもうお祭りですよね🏮

あと個人的にゲームを女主人公でやっているので、男主人公を見てもアナタ誰ですか?って感じなんですけど、そこはベディ視点が良い方に作用して、チームカルデアが客観的に映されておりあまり気にならなかったです。

別にキライとかはないんですが、彼の主張がすごいとだから誰なの君は!!という気持ちが湧いてきてしまうので😂その点は良かったです。

ちなみに中継で見てた舞台挨拶は
・宮野さん いるだけで面白い
・島﨑さん オタク
・高橋さん 様子がおかしい
・真綾さん ド安定
・川澄さん 15年の重み
って感じでした。

後編は2021年春!観に行くよ~